2012年 05月 23日
「誰もいない階段」
ここには私以外は誰もいなかった。



b0108969_22114927.jpg

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

by halkyoto | 2012-05-23 22:13 | 大阪 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://halkyoto.exblog.jp/tb/18336718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dejikaji at 2012-05-23 22:50
halkyotoさん、こんばんはです。
空堀ですね。
随分長い事行ってません、ひさしぶりに行ってみたくなりました。
Commented by shibazo-a7 at 2012-05-23 23:10
屯という漢字を初めて知りました(^_^;
こんなとこで屯するやつがいたって事でしょうかね。
Commented by 雪だるま at 2012-05-24 05:47 x
路地裏の風景
とても惹かれます

レンガの壁の建物に
レンガの石段ですか
探さないと出会えない光景です
Commented by monopod  at 2012-05-24 06:02 x
写真もタイトルもコラムもすごくいい、乾杯(^^)v
Commented by tajiri8jp at 2012-05-24 08:25
屯してたら怒られますからね(笑)。
階段降りたら突き当たりでしょうか。降りてみたくなる魅力的な階段です。
Commented by シルクフラット at 2012-05-24 08:47 x
手作りの階段なんですね。
味があります。

私の家の近所でも川に降りる階段が戦前からあって趣があります。
ふと思い出しました。
Commented by biwahama at 2012-05-24 15:38
「屯」っていう言葉と字に思わず惹かれました^^
きっとこの階段周辺で若者が「屯」ってたんでしょうね。
私有地の階段だからか手作り風の階段が愛着をも感じます。
何処かで見たような・・・「空堀」ですか?
Commented by sawa724 at 2012-05-24 21:13
私有地なんで
通り抜け禁止かと思いきや
たむろすることを禁止なんですね(笑)

でも、こういう空間があれば
ひと休みしていきたくなるのが
人間の心情やないですか!?(^^)
Commented by halkyoto at 2012-05-24 23:13
dejikajiさん。
一目で空堀とわかりましたか。さすがですね。
この日は途中で雨になったので,不完全燃焼で帰ってきました。
Commented by halkyoto at 2012-05-24 23:14
shibazo-a7さん。
こんなところで屯しても仕方ないと思うんですが,階段の持ち主としては
ちょっと屯っていたら腹が立つんでしょうね。
Commented by halkyoto at 2012-05-24 23:16
雪だるまさん。
煉瓦造りの石段と壁。私有地だけに持ち主は凝ったのかもしれませんね。
だから,屯されると気になるとか。(^^;)
Commented by halkyoto at 2012-05-24 23:17
monopodさん。
あら,ちょうど呑んでらしたのかな?よいアテになればうれしいのですが。(^^;)
Commented by halkyoto at 2012-05-24 23:18
tajiri8jpさん。
階段の下は突き当たりかどうかは見届けませんでした。
何しろ写真も撮るなって書いてありましたから。。。(^^;)
Commented by halkyoto at 2012-05-24 23:19
シルクフラットさん。
シルクさんのご近所の川に降りる階段,ひょっとしたら絵になるかもしれませんね。
Commented by halkyoto at 2012-05-24 23:21
biwahamaさん。
え?biwahamaさんも空堀を散策されたことがあったのですか?
ここってそんなにメジャーな所だったんでしょうか。
Commented by halkyoto at 2012-05-24 23:22
sawa724さん。
通り抜け禁止だから当然たむろすることもダメなんでしょうね。
ま,人の土地に入るなとおっしゃってるんでしょう。


<< 「特別大奉仕中の店」      「突っ切る」 >>