2012年 10月 05日
「足早に過ぎる人」
ガード下で撮っていたら,通行する人は足早に通過するか,私がシャッターを押すまで待っていてくれたりする。気を遣っていただいて本当に申し訳ないのだが,じつのところカメラを意識しないで通行人でいてほしい。でも,なかなか思うようにはいかないものだ。(^^;)



b0108969_22284872.jpg

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

by halkyoto | 2012-10-05 22:29 | 大阪 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://halkyoto.exblog.jp/tb/19142946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by シルクフラット at 2012-10-05 23:38 x
カメラマンをやっているとどうしても自分は黒子に徹しなければならないと思ってしまいます。

だからレンズの前にできるだけ居ないようにするのはカメラマンの性のように思います。

Commented by k7003 at 2012-10-06 02:47
人のジャマをしない、このことをどうするかがキャンディッドフォトを志すアマ最大の課題ですね。ボクも毎朝毎夕悩み続けています。
Commented by tajiri8jp at 2012-10-06 21:46
同感です。
Commented by halkyoto at 2012-10-06 23:00
シルクフラットさん。
撮るのは好きでも,撮られるのはちょっと・・・,ていう感じなんでしょうね。(^^;)
Commented by halkyoto at 2012-10-06 23:06
NKさん。
どちらかというと,大きめの一眼レフよりもコンパクトカメラの方が通行人に対しても親切でしょうね。
撮る方もあんまり気を遣わないですし。
Commented by halkyoto at 2012-10-06 23:07
tajiri8jpさん。
撮っている姿を意識させない撮り方っていうのがうまい撮り方なんでしょうね。
Commented by monopod at 2012-10-12 23:18
コメント共感します(^^;)
気を使われると恐縮しちゃいますね。


<< 「濡れた敷石」      「竹垣の角」 >>