2012年 12月 20日
「路地に育つ樹」
誰が植えたのかわからないけれど,今はもう,まるでここの主のようである。(^^;)




その1
b0108969_23181259.jpg






その2
b0108969_23183482.jpg

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

by halkyoto | 2012-12-20 23:22 | 京都 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://halkyoto.exblog.jp/tb/19701135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 雪だるま at 2012-12-21 06:13 x
人よりずっと長い時間を刻む木々
どんな景色を見続けてきたのか
こういう風景を見ると、つい思ってしまいます
Commented at 2012-12-23 14:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by halkyoto at 2012-12-23 22:11
雪だるまさん
きっとこの木のそばに住む人よりも長生きしているのではないかと思います。
いろんな過去から現在までいろんな景色の中で生きてきたんでしょうね。
それに家の周囲の木は切りにくいので,家の人もそのままにしてるんでしょうね。
Commented by halkyoto at 2012-12-23 22:12
鍵コメさん。
了解です。(^^;)


<< 「夜までひと休み」      「囲まれた世界」 >>