2013年 03月 11日
「危険な手すり」
もたれたりするようなことはとてもできそうにもない。でも視覚的には支えてくれそうな安心感があるから,無いよりはましかもしれない。




b0108969_22442534.jpg

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

by halkyoto | 2013-03-11 22:46 | 大阪 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://halkyoto.exblog.jp/tb/20138445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nobby_labo at 2013-03-11 23:54
こんばんは
少しでも体重をかけると今にも崩れそうですね
見た目は歴史を感じれて良い雰囲気なんですが・・・
Commented by 雪だるま at 2013-03-12 06:14 x
写真だけ拝見すると
京都の一風景のようにも見えますね

古い街並み
撮影が面白い
最近、虜です
Commented by monopod at 2013-03-13 12:37 x
いや、こりゃ危ないわ(^^;)
解体を待つのみの古い住宅でしょうが、
これはこれで被写体としてみれば、よほど面白いですね。
Commented by halkyoto at 2013-03-13 21:43
nobby_laboさん。
古いものは被写体として魅力的ですね。
しかし,実用性といえばなかなか追いつかないことが多いみたいです。
Commented by halkyoto at 2013-03-13 21:45
雪だるまさん。
ここは普通の古い民家です。
木製は古くなるとそれなりに被写体として魅力が増してきます。
現在のサッシの窓枠なんかも月日を重ねればそれなりに古くなりますが,魅力がどうでてくるのか。知りたいですね。
Commented by halkyoto at 2013-03-13 21:47
monopodさん。
最近,古いものを見つけたらカメラを向けたくなります。
なんでなんでしょうね。写真を撮る人はだいたいそうなっていくのでしょうか。
それとも,それは一部の者だけなのか。


<< 「glasses」      「蔦のある教会」 >>