2013年 12月 22日
「瀕死の石杭」
 恐らく何度も何度もクルマに当てられたんでしょうね。何故この石杭があるかというと,ここから手前は2メートルほどの階段になっているので,もしこれがなかったらクルマは下に落ちてしまうということです。
 この傷み具合からすると,かなりたくさんのクルマが落ちずに助かったということでしょうね。(^^;)






b0108969_21332618.jpg
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ


by halkyoto | 2013-12-22 21:36 | 大阪 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://halkyoto.exblog.jp/tb/21699380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by getteng at 2013-12-23 06:29
halkyotoさん
鉄筋がむき出しになっているのは相当ぶつかったか、
ずいぶんと年季が入っていますね。
これって何で道路の真ん中に建っているのでしょうか?
Commented by halkyoto at 2013-12-23 10:27
gettengさん。
的確なご質問ありがとうございました。
他のみなさんにも理解できるよう,上に説明書きを書いておきました。(^^;)
Commented by tajiri8jp at 2013-12-23 13:44
おお。これはなんだか感動的です(笑)。
妖怪のようにも見えますね。夜中にこっそり歩いてそう。
Commented by noboru-X at 2013-12-23 20:09
タイトルによってこの石杭の役割が伝わってきますね。
すごい着眼は相変わらず感服です。
Commented by halkyoto at 2013-12-23 21:57
tajiri8jpさん。
なるほど,妖怪に見えますか。
そう言われたらそんなふうに見えなくもないです。(^^;)
Commented by halkyoto at 2013-12-23 21:58
noboru-Xさん。
タイトルはいつも悩むところです。
なんか上手い方法はないもんでしょうかねえ。。。(^^;)


<< 「夜の淀屋橋で」      「近所の少年」 >>