2016年 06月 06日
「文禄堤」
 守口の街の真ん中に突然現れる堤。地元の人は堤の反対側に行くのに上り下りがあるのでちょっと不便そう。(^^;)
この堤、豊臣秀吉が建設した淀川左岸の堤防道。大阪から京都まで近道として伸びているそうで京街道と呼ばれてます。




b0108969_22412651.jpg

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ





その2
b0108969_22422771.jpg


by halkyoto | 2016-06-06 22:47 | 大阪 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://halkyoto.exblog.jp/tb/25884905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cynchia at 2016-06-06 23:09
こんばんは、残っているんですね、
初めて知りました。
Commented by G7_2007 at 2016-06-06 23:14
ブラタモリを見ているようです…(^^;;
Commented by 雪だるま at 2016-06-07 05:38 x
確か
守口駅の真北側にありましたっけ
2mほどの高低差があったような記憶があります
Commented by tajiri8jp at 2016-06-07 06:13
面白そうですね。近いうちに行ってみます。
Commented by voyagers-x at 2016-06-07 09:08
おはようございます!!
ちょっとした通り抜けの道にも歴史の背景があるのですね
街道だなんて.......誰も意識しないで通り抜けしていそうな感じ^_^;
Commented by halkyoto at 2016-06-08 09:15
cynchiaさん。
全部は残ってないようですが、所々残っているようです。枚方の辺りにもあります。
Commented by halkyoto at 2016-06-08 09:16
G7_2007さん。
ブラタモリはお散歩カメラマンには参考になる番組です。
この間の伏見編は勉強になりました。
Commented by halkyoto at 2016-06-08 09:18
雪だるまさん。
そうですね。あそこは堤が橋になっていて下の道路と交差してますね。
あの上の道をぶらりと歩いてみました。
Commented by halkyoto at 2016-06-08 09:22
tajiri8jpさん。
千林の辺りにも京街道はあるらしいのですが、堤がはっきりわかるのは守口辺りですね。
Commented by halkyoto at 2016-06-08 09:23
voyagers-xさん。
そうですね。意識しなかったらただの道です。(^^;)
京街道なんて看板があったりしたものですからちょっと意識してしまいました。
Commented by croix7ley at 2016-06-08 16:49
大阪にもたくさん歴史を感じられる場所って
あるのですね、この京街道って全く知りませんでした。
そう遠くないので、チャンスがあれば
歩いてみたいです^^
Commented by halkyoto at 2016-06-09 22:17
croix7leyさん。
私も前からこれを知っていたわけではないんです。
以前、守口市駅を降りて北側に被写体としていい感じの橋が道路上にかかっているなと思っていて
気になるので歩いてみたら、そういうことがわかったという次第です。(^^;)


<< 「近鉄京都線澱川橋梁」      「アーケードの中央で」 >>